古くより伝わる祭典・奉納行事をご案内します。
歳旦祭
新嘗祭
どんど
年越し
節分 山津見祭
夏越し祓い 稲荷祭
健やかで安全な暮らしへご加護をお祈りください。
社殿ご祈祷
外祭など
宮参り
地鎮祭
七五三 上棟式
交通安全 結婚式
四日市祭の歴史やお祭の様子をご案内します。
由緒と歴史
祭典と神事
奉納行事 幻の祭風景
献灯氏子町一覧

 

リンク用バナーとしてお使いください。リンクの場合はご一報をお願いします。




夏越しの大祓いのご案内 <6月30日>


「夏越しの大祓い」

半年間の穢れを切麻(きりぬさ)・人形(ひとがた)で祓い、茅の輪をくぐり、健康に夏を乗り越えることができるように祈る「夏越しの大祓い」を一年の半ばにあたる6月30日に執り行います。


「人形(ひとがた)」
半年間の穢れを祓い、無病息災を祈る紙の人形を社務所にて授与しております。人形にお名前をお書きいただき、体をこすり息を吹きかけて、災いの元を人形に託します。その人形にお初穂料をお添えいただき、お納め下さい。
当社では忌火にくべ浄火の力で一切の災いの元を焼き尽くします。
(ご家族やお友人の分など、人形を人数分お持ち帰りいただき、あらためてお申し込みいただくことも可能です。)
「茅の輪くぐり」
6月30日15時より、大祓神事を執り行ったのちに、神職の先導のもと、境内に設けました大きな茅の輪を、「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えながら3回くぐります。

なお、多くの方にご祈念いただけますよう、祭典終了後も1週間程度、茅の輪は境内にございます。ご都合の良いときにお参りください。